日月星辰ブログ

Vive hodie.

北海道旅行2日目。

二日目も小樽を楽しみながら、ゆるっと札幌に移動、というのが概要です。

 

いろいろなことがあり過ぎたのでまたまとめるのに時間がかかりそうだけど、はじめに謝っとこう。

はじめの夜だからか、まあ飲み過ぎたからか、暖房もすごく効いてたからか、眠りが浅かった。

しかしまあ、6時ごろに起きて、昨日できなかった「再風呂」を楽しみました。

温泉宿の贅沢じゃないか。

 

f:id:lubu:20181205080258j:image

また朝ごはんがめっちゃくちゃ豪華でさ。

特にこのお重…

f:id:lubu:20181205080418j:image

そしてこの蒸しベーコンに、蒸しソーセージ。ひっくるめて蒸し加工肉。

f:id:lubu:20181205080414j:image

夜の様子だともう一組のお客がいるはずなのだが、まだ起きてこない。

たった一人で、めちゃくちゃ広いホールを贅沢に使う。

ホールの人も何くれとなく世話を焼いてくれ、まるでメイドさんでもいるお嬢様みたいな気持ちだ。

小樽は日本海側の海岸に当たるので、冬はスキーもできるらしいが、スキーをするには積雪がイマイチで、リフトも当然止まっている。今年は暖かくて積雪が遅い上に、あの地震のせいで、今頃はめっきりだそうだ。はっきりいってチャンスである。

f:id:lubu:20181205080952j:image

閑散期らしくフロントにも人がいない。めっちゃ静か。小樽から車で15分はかかる、という立地も、海外客を呼びにくい難点はあるかもしれないが、スキー場は目と鼻の先。

「時折、鹿が出ますよ」

とか言われた。熊も、ちょっとした後ろ姿なら目撃情報があるそうだ。ひー。

道東あたりで古い宿に泊まると、大概熊の剥製が飾られているものだが、そういえばここにはなかった。

猟師さんがいないと成り立たない土地…。

もっとも鹿は射殺まではされず、あーいるねーという感じなのだろう。

f:id:lubu:20181205081327j:image

10時出発の宿の車(送迎バスというにはただの6人乗りのバンだった)に乗せてもらって、小樽築港に戻る。途中、いそいそと道路を横切る変な動物を見たので、よく見たらキタキツネだった。

すげー!と盛り上がってたら、「あの狐はよく太ってますね」と運転手の女性に言われる。

たしかに毛並みがかなり立派だった。犬や猫と明らかに歩き方が違う。渡りきった道路の端っこで、キョトンとこちらを振り返っていた。

写真はないけどな。

f:id:lubu:20181205081707j:image

今日は事前に休館じゃないことを調べておいた、ここに行くのだ。

円、という貨幣単位がなぜ採用されたのか、にはじつは諸説があって、上海ルール採用説、外貨は全部丸かったから説、などなど(あと一個二個あった気がするけど忘れた)らしい。割と何も考えずに決まったみたい。少なくとも文書は残ってない。

f:id:lubu:20181205102826j:image

初の日本銀行券(つまり、今の紙幣の祖)は10円から…感覚的には10万円くらいの価値があるやつ。何枚発行されたんだよ。

はじめの頃のお札は、兌換券時代の名残か、縦長。

f:id:lubu:20181205103159j:image

西南戦争のせいで乱発。

f:id:lubu:20181205103344j:image

全く戦争は金がかかる。内戦いくない。

そんなことより、ゴールデンカムイの世界がそもそも成り立つ出来事がわかった。

f:id:lubu:20181205103515j:image

金本位制への移行。

政府が金を正式に集めだしたので、円への明確な交換が効くようになったってわけ。もし、金がただの貴金属だったら、わざわざ集めたりしない。ゴールドラッシュも、この制度を目をつけた山師たちが、続々と北海道に押し寄せたから起こったんだろう…と思う。

逆に言うと、当時の政府は金が喉から手が出るほど欲しいわけ。もちろん、個人が直で政府とやりとりすると言うよりは、多分だけど、民の両替屋がマージンを取ってやってたんだろう。それでもまあ、儲かったには違いない。

f:id:lubu:20181205103849j:image

だから「お金」であり、金庫なんである。

f:id:lubu:20181205104817j:image

あとは、当時北のウォール街と呼ばれる小樽の発展史とか、日銀の仕組みやアピールが展示されていた。普段日銀についてしみじみ考えたことがないので、ありがたい気持ちに…

f:id:lubu:20181205104412j:image
f:id:lubu:20181205104416j:image

億単位でパレットに積まれた一万円札…  この姿ではまだ、「印刷物」と言う感がある。

日銀の倉庫にあるうちは彼らは金ではなく、各銀行に出荷された瞬間からお金になる、そうだ。

台車で運ばれていく映像も管内で見られるけど、完全にアレ。魚河岸のトロ箱みたい。

f:id:lubu:20181205104707j:image

日銀小樽支店の頃から使われていたカウンター。「当時のままのもの」を丁寧に残してるのほんとありがたい。

砂金を取った杉元がここに行こうと思ってたかどうかは分からない。

 

金融博物館を出たらまあいい時間だったので、私用を果たしたあと、夜に地札幌の友達と待ち合わせてまたARをゲットしにいくことにした。その前に宿にチェックイン。二泊お世話になる場所なので若干戦々恐々であった。何せ二泊で7000円とちょっとだったんだもん。

立地はすすきの。うぇー歌舞伎町のど真ん中に立ってるようなものかな??  と戦慄したが、それは間違いだった。

写真は後日追加したいが(なんか知らんけど一眼の方で撮ってる)、すすきのが近いから晩ご飯には困らないし、フロントはアロマを焚いてるのかいい匂いする。スタッフも丁寧だし周りはラブホばっかだけど、シティホテルとしてのホスピタリティは十分備えていた。

プライベート空間に入ると途端にアクスタで遊び出す。

それはそれとして。

サッポロビール博物館!である!

f:id:lubu:20181205184936j:image
f:id:lubu:20181205184931j:image

ウシヤマサーン!

背広で柔道をやるのって何故こうもフェティシズムをくすぐるんだろうか。野田先生の描く男性はみんなセクシーで困る。

f:id:lubu:20181205185116j:image

チンポ先生にご案内頂いてる気分を味わえる。

 

展示、新しくなった?  なりましたよね?  一年ほど前に行った時とリニューアルしてる気がする。単に覚えてないだけだったりして。

確信は持てないが、これかな…

http://www.sapporobeer.jp/news_release/0000021248/index.html

 

もう2年も前になるの…??

展示めっちゃじっくり見る派なのですが、今回軽く流して、ご飯に。

f:id:lubu:20181205185459j:image

しつこく牛山先生にご登場いただく。聖地ゆえにアクスタ出しにくいとか、あるじゃんね。

ジンギスカンをお腹が破けそうなほど食べた。

もうこんなことしないもんね、と、この時は思ってた気が、する。

 

へやにたどり着いたのは10時ごろだったと思うけど、楽しかったー。付き合ってくれたお友達ありがとう!

 

もちろん同好の士な訳で、ジャンルの話とかをした気がするけど、だいたい忘れてしまった。

二風谷がいかに行きにくいかについては彼女も力説しており、これが次の日の伏線になる。

 

おまけ。

f:id:lubu:20181205190120j:image

榎本武揚はたしかに貴族になったかも知らんが小樽でこんな愛され方をしてまっせ、土方さん。

まあ、土方さんも変な愛され方をしてる点については、引けを取らないか…

 

 

 

 

 

北海道1日目

師走入った途端に休みとって北海道に来ていますすまんの!

f:id:lubu:20181203084237j:image

新千歳からエアポート快速で小樽に直行しました。15分刻みの電車で、札幌行きでも、小樽行きでも、来てるのに躊躇なく乗るべし。札幌で乗り換えればいいんである。

小樽駅はプラットフォームが可愛いのですが、今回はそこは撮らなかった。

f:id:lubu:20181203084458j:image

駅からすぐのところ、三角市場の前に、啄木の歌碑がある。

来たよ。

f:id:lubu:20181203084613j:image
f:id:lubu:20181203084619j:image

今回はもっぱらARを集めるのを目的にしてるので、じゃんじゃんとる。先日のコラボカフェでゲットしたアシリパさんと、今回の杉元。

f:id:lubu:20181203084808j:image
f:id:lubu:20181203084801j:image
f:id:lubu:20181203084813j:image
f:id:lubu:20181203084804j:image

展示の中身もじゃんじゃん撮ってよし!というのが近代ものの博物館の醍醐味ですよね…

小樽総合博物館は、本館が鉄道、運河館は運河と物流、がテーマになってる。

鉄道ファンが押しかけるらしく、売店のグッズも鉄道ものが多い。

バスの一日乗車券を購入したが、元を取るほど使えなかった。バスの便が少なすぎるのと、あるいても十分廻れるところが、決定的な要因ではないか……

バスはそうそう本数も動かせないんだろうな…

地方のインフラをいくらととのえたところで、人が来なきゃ話にならん。

北海道は冬場なんか道も悪いので、ポンと本州から来ていきなり運転できるわけもないから、バスやタクシーはありがたい存在のはずなんだけども。

本館見終わったところでいい感じに昼になり、ご飯をする。

f:id:lubu:20181203085433j:image
f:id:lubu:20181203085429j:image
f:id:lubu:20181203085437j:image

前来た時もここで食べた、トレノ。何気に主食を我慢してる。

運河館には半端にバスを利用し、へんな停留所で降りてしまい、少し歩いたのだがこれが良かった。途中でいくつか歴史的な建造物を見かける。

f:id:lubu:20181204061604j:image

多分名前も元はなんだったかもちゃんとわかると思うんだけど、行き当たりばったり旅なのでわからない。

f:id:lubu:20181204061721j:image

小樽運河もおすすめ撮影スポット(多分)で写真撮れた。それはなんとなくわかる。なぜならカメラを構えた人々がたくさんいるからだ。

f:id:lubu:20181204061923j:image

スマホ側にあまり良い写真が残っていない。

運河館は前に行った時は時間がなくて回れなかったんだけども、今回は行けてよかった。

f:id:lubu:20181204064641j:image

こっちにもパネルが立ってた。総合館ではファミリーしかいなかったせいか誰も写真撮ってなかったけど、こちらはファンらしきカップルが激写に勤しんでおり、密かにホッとする。仲間いた…。

f:id:lubu:20181204065807j:image

こちらは運河館とあるだけあり、海洋貿易を中心にした展示になっている。総合館が内側の交通をテーマにしているのであれば、こっちは外向きの小樽の顔だ。

f:id:lubu:20181204065941j:image

アシリパさんが着ているようなテタラペも展示がある。海を使って昔から人の行き来はあったようだ。

f:id:lubu:20181204070156j:image

消防犬文公の剥製になんか惹かれるものが… 種類は雑種で、とても小さい。好物のキャラメルがお供えしてある。そんなものを食べてたのに、24歳の長寿を全うしたそうだ。やっぱ寒いから、むしろ余計な糖分がないとやっていけないのかもしれない。

f:id:lubu:20181204070417j:image

あとは当時の商店の様子の再現展示とかあったんだけど、一眼レフで撮ったので後日追加で…。企画展でタカシマアイヌの絵巻物が見られたが、写真はダメ。

第二展示室では小樽の自然を紹介するコーナーが。

f:id:lubu:20181204070924j:image

f:id:lubu:20181204070959j:image

みやまちゃん。

カブトムシは元々はいなかったそうだが、本州から持ち込まれて定着したそうだ。北の大地でもたくましく生きるカブトムシ…

 

運河館隣接の売店で、小樽の名家が書かれたでかい紙を買う。売店のおじさんは小樽推しらしく、小樽の歴史を紹介するカラー刷りの冊子をくれた。意識高い地元盛り上げ系おじさんだったようだ。

 

早めに温泉行ってまったりするぜ!に若干遅れて16時ごろ宿に着く。市街地から少し離れた温泉宿なので、小樽築港からついタクシーを使ってしまった…。

バスは相変わらず一時間に一本…。

宿の送迎も一日ワンちゃん15時のみという無理ゲー。都会の人間はゼータクだ。

f:id:lubu:20181204072146j:image

ついた途端にこういうことをやる。

f:id:lubu:20181204072237j:image
f:id:lubu:20181204072246j:image
f:id:lubu:20181204072242j:image
f:id:lubu:20181204072253j:image
f:id:lubu:20181204072249j:image

一泊が思ったより安かったのでお食事をつけたら、なんかめっちゃいいの出て来た!  メニュも後で追加するけど、一泊の料金にどう見ても見合わないんだけど…豪華すぎて!

 

お風呂も大変よかったのでオススメしとく。かんぽの宿小樽なんですけど!

 

お酒飲みすぎてめっちゃ早く寝ました…

f:id:lubu:20181204072614j:image

 

 

 

 

 

 

 

北海道に行ってきます。

ゴールデンカムイのアニメの製作陣の中に、マーチャンダイジングの手練れがいるのか、ここのところグッズやコラボイベントの洪水に翻弄されている。

特にこれは思い切ったな、というのがこのAR系イベントだ。

http://goldenkamuy.visit-hokkaido.jp/sp/

 

確か発表は今年の夏頃だったと思うんだけど、6月に網走単独で衝動的に旅立った時はまだ影も形もなかった。早く言ってよ、という気分である。


とまれ。

夏休み返上でせっせと出社した恩恵をいまごろ受けることにした。遅めの夏休み、みたいな慣用句はもはや社会人には馴染み深いアレだと思うが、夏休みとか気取ったことにするには若干憚られる。立派な冬休みである。


大概、北海道に跳ぶ場合は安いエアドゥを探すことにしてるのだが、今回はまあ雪まつりとかそういう季節ではないものの、決断が若干衝動的だったので、それほどお安くはならなかった。せめて1日のフライトの中でも休めの、と見繕うと、まあ早朝便になりますよね。知ってる。


向こうで目一杯遊ぶためにはそんな労苦は辞さないが、逡巡した挙句にファーストキャビンに泊まることにした。安い便を探した意味とは。

f:id:lubu:20181203082556j:image


ファーストキャビン好きだからいいもん。

 

f:id:lubu:20181203082626j:image
ただ、お向かいが4時代のフライトだったらしく、3時ごろに目が覚めてしまった。一睡もできない、というほどきつくはないが、ぐっすり安眠、というには不満感がある。

 

でもお風呂は綺麗だし、何よりフロントから出たらすぐ空港、っての、気持ちいい…

f:id:lubu:20181203082659j:image


風呂で複数の女子が化粧に命をかけてたから、私も少しだけ頑張った。女子同士のこういう見栄の張り合いからは早々に戦線離脱したつもりでいたのだが、いざとなるといそいそと刀をおっとってしまうこの…浅ましさ。


エアポートおじさん化して写真撮ったりする。


女子の見栄の張り合いの話だと、保安検査場で前に並んでた、白人と日本人のご夫婦がいい感じにパリピっててビビる。


今回は完全にオタク旅で、まあすなわち弾丸ツアーなんだけど、6日間たっぷりあるので、ぼちぼち楽しみたい。

ジョン・バカン 三十九階段

タイトルから勝手に、セバスチアン・シャプリゾの「シンデレラの罠」みたいなサスペンスミステリっぽいものを想像していましたが、野原を転げ回ったり、変装したり、納屋を爆破したりするわりかしに愉快なやつでした。

 

暗号の書かれた黒い手帳、怯えきって転がり込んでくるひとりの男、そして自室で「床に短剣で縫いとめられる」死体…、不気味な追跡者、カーチェイス、飛行機(当時は複葉機か?)の偵察、変装。わくわく要素てんこ盛り。

書かれたのは1915年。日本では大正時代。まだアメリカで初の長編映画が公開されたとかそういう時代よ。登場人物に考古学者や貴族が出てくるんだけど、片眼鏡の似合いそうな紳士に違いない。そう思って改めて見てみると、ストーリーの書き方や展開の仕方には、ドイル的な明晰さがあると思う。ロマン的な展開の速さとめんどくさいこと言わなさ。

はじめはロンドンに飽き飽きしたアフリカ帰りのお坊ちゃんかなと思ってたハネーくんは度重なる困難に的確に対応して意外なタフガイぶりを発揮するし(もっともこのころ、植民地から帰ってきた英国人はみんなタフガイだったのかもしれないけどそのあたりはよく知らない。なにかとボーア戦争が持ち出される例のやつよ)、追ってくるドイツ人はスパイの面目を十二分に発揮する。まだ、ジェームス・ボンドもいない時代である。イアン・フレミング坊ちゃんが6歳の年。

敵に回るドイツ人というと、ついナチを思い起こしてしまうけど、1919年にはドイツ労働者党が生まれている。ヒトラーもかつてはスパイだったことを考えると、ハネーくんを追いかけた三人組のような人々の中に、ヒトラーもいたのかなあ…とか妄想してしまう。

ラストシーンの、本職スパイとハネーくんとの大勝負のシーンは、残りページをつい確認してしまう(あとこんだけしかないけど、どーすんの?!)名シーン。ハネーくんも出世したみたいだしよかったね、という結末。

途中の逃亡劇で助けてくれる人たちも印象的なキャラで、宿屋の文学青年とかどんだけいい人だよ…となるし、貴族の坊ちゃんに演説を頼まれたりとか、ほのぼのシーンもある。

 

この、ハネーくんの話はシリーズ化したらしい。大尉になった後のハネーくんがどうなったのかすごく知りたい。

 

ようやく忙しさから多少解放された

忙しい時期はその中で必死に予定をこなそうとする。アドレナリンも出てるし、集中力も高まっている。ずっとこの状態だと遠からずへばると思うが、通常モードがあまりにも怠惰なので、この80パーセントの力でも普段出せれば良いのにと思う。

とりあえず、社内の大きなイベントと、私的なオタクイベント用の原稿の入稿がおわって、今は割と、そんなにせかないでも生きていける身分になった。

とはいえ、11月の記憶がほぼ飛ぶくらい、あれこれと詰め込んでたせいで始終ドキドキしていて、こらもしかしたら心臓が止まるのではと思っていた頃のなごりは残っており、なにかに打ち込みたい気持ちだけはまだ残っている。これを焦りと捉えても良いのかもしれないが、焦りと言うよりは幸いにもう少しいいものでモチベーションとか言ってもいいかもしれない。

こう言う時期にあれこれ一気に解決に導いておくべきだと思うし、久しぶりに自炊して、お風呂に入る習慣を復活させたい。あとイベントに向けておしながき作ろう…

前のジャンルでは全くもって作ってなかった「おしながき」….ご存知ない方に軽く補足をすると、同人イベントにおいて、当日はどのような本が並んでいるのか、などを表すあの画像である。主にツイッターピクシブで公開される。最近はサークルチェックなどよりももっぱらこれがお買い物チェックのスタンダードで、したがってこれをあげてないと割と当日のハケに問題が出たりする。と考えられている。比較研究などを行ったわけてはないので、断言はできない。

そもそも、最近は当日のハケのことはなるべく考えないように生きているものだから、こんなものはなくたっていいのではないかと言う気もするのだが、今回はお友達の本を委託するのでそうはいかない。うちのスペースに委託したところで、ちゃんとハケるのか……? などは未知数だが、お友達はそれでいい、と言ってくれてる。むしろわたしがお友達のスペースに委託いただきたいくらいだ。

この、委託と被委託の塩梅はなかなかもって難しいものがあり、人気サークルにちゃっかり委託した時の効果のほどの計り知れなさはよく分かってるし、そうでないサークルに委託したところで効果のほどは微細であること…をわざわざ言語化するのはむしろ品がない行為だとされ、被委託側となるほどのあんたアレでもないじゃない、というところもあり、気軽に「オキマスヨ」が言えたり言えなかったりするのは、まあ現実の世界とそう変わらない。丸善に置くか、駄菓子屋に置くか、みたいな。

 

そんなことはどうでもいいじゃないか。

 

なるべく水平で純粋な目を持っていたいんですよ  わたしは。

 

 

世間では様々なことが起こっているものと思いますが、一日有給をいただきます

2年ほど苦楽を共にしたiPhoneがいよいよバッテリーがやばくなってきて、なんか見るやつで見ても残量が75パーセントとか。

恐ろしき残業天国から解放された直後のこのタイミングが最適だろうと思い、ジーニアスバーの予約を取った。もう平日でいいし取れたら1日休んでやる!という意気込みと共に。f:id:lubu:20181107122955j:image

二時間ほどiPhoneを取り上げられるらしいので、早めに行って銀座を物色して回った。お昼は創業明治28年という煉瓦亭で食べたい。お皿を撮れないのは残念だが、まずは下調べである。

ランチ1000円というから安心…

この界隈には少し前まで白いばらがあったようだ。

f:id:lubu:20181107123216j:image

社交の殿堂……。

ちょうど今日はiPad Proの発売日だったせいか、めちゃくちゃ行列ができていた。そういうのに並ぶ趣味はない(だって予約できるのに……)し、飛び込みでジーニアスバーとかなに考えてんだ、というタイプなんで。

 

何はともあれ、電池の交換には2時間を要すると言われて、iPhone無しでお食事に出る。食べたのはさっき写真載せた煉瓦亭。となりのラーメン屋にまた列ができているが、わたしは創業明治28年の味が食べたいん!だ!

 

ABCラーメンとかにも行列ができていた。銀座。不思議すぎる。

 

ポークカツレツは写真は撮れなかったがかなり肉が良くて、サクサクでとても美味しかった。ソースをかけるシステム(あらかじめかかってない)のも点数高い。ウスターソースで美味しくいただける料理。

あとパンはフランスパンだった。メニューにはオムライスとかナポリタンもあり、一度食べてみたい、という欲が募る。

 

どんなにまったり食べても洋食に2時間はかからないので、今度は贅沢はよしてルノワールに行った。何気にルノアールのコーヒーは高い。知ってる。しかしそんじょそこらの喫茶店より絶対にコーヒーは美味しい。

ルノアールの業績は手堅く良いらしいが、わかるもんね。ケーキとか軽食に工夫はないし回転悪くても、コーヒー屋はやっぱ、コーヒーすよ。

 

同人の寄稿原稿も進めた。なかなか進んだしプロットはすんなり決まったので、あとは書くだけ……

 

で、一度取りに帰ったところ、本体が電池残量を正しく認識してないとか言われてさらに20分待った。帰る頃には日が暮れかけてて、今日全休にしといてよかった、と思った。

バッテリーを満タンにしてお返しできる時間がなくって、申し訳ございません、とアップルのお姉さんは言った。確かに受け取った時には充電はすでに15パーセントしか残っていなかった。が、それにしたって。

 

めっちゃ充電減るの早いんですけど。

 

正直、一日仕事になるこれをもう一度は、やりたくない…電源がヘタれるまで使うな? アップルの企業理念には資源を大切に、ゴミを少なくも入ってるだろ? 下取りサービスなんかでごまかしたらあかん。私は前世紀生まれの人間として持ち物はとことん最後まで使う。使うったら使うんだい。

 

5日の保障期間のうちにどうにもならなかったらまた行くわ…。

 

 

 

 

WEBサービスはちまちまとサグラダファミリアを立てるが如し

なのかも知れない。

 

突貫で作ったサイトの表示がー 崩れがー スマホ的化がー とかいう苦しみにかねてからJPニックの尖兵みたいなジョーシが、「結局シンプルHTMLこそ正義」とか言い出してえーとなっていた。

 

他のサービスはどうしてるよ。日進月歩に開発進めて、マイナーチェンジマイナーチェンジしてるんじゃないのか。

そもそもうち、開発ギョー者じゃねえし!

 

(本当に全く違う業種です)

 

 さらに上のジョーシが内製バカチンで、本当にしょうもないんだけど、外部委託外部委託で気苦労を知らないのもまあやな感じだし、適度に内製で作ってみるってのはいいのかも知れないけどさ。

 

f:id:lubu:20181106004447j:image

まあ本業ばかりでも食えぬ世の中よ……

ラーメンは美味しかった。