日月星辰ブログ

Vive hodie.

ザッハトルテパーティー

ホテルザッハ、というオーストリアの高級ホテルが、ザッハトルテを売っている。このホテルのザッハトルテだけが正統派だそうだ。いわゆる「本家」と言うやつだと思う。

 

shop.sacher.com

 

huffingtonpost.jp

 

ホテルの公式サイトによると、ザッハトルテ1832年オーストリア帝国宰相・メッテルニヒがゲストを迎えるために特別なデザートを依頼したことがきっかけで生まれた。シェフが病気だったため、なんと当時16歳だった見習いシェフのフランツ・ザッハーが完成させたという。

現在も当時のオリジナルレシピで作られており、「無糖のホイップクリームをたっぷりとかけて食べるのがおすすめ」としている。

オーストリア政府観光局の公式Twitterは、「世界中にザッハートルテは数あれど、“オリジナル”を名乗れるのは唯一ザッハーだけ」とコメント。オンラインショップを紹介したこのツイートは、9000リツイート以上されている。 

  5月16日のこの記事に乗っかって注文したものだが、一ヶ月余りがすぎた後、DHL便ではるばるロシア大陸を超えてきた。

 メッテルニヒゆかりのチョコケーキ、16歳の(たべざかりの)シェフが考えたせいか、めっちゃくちゃ食い出がある。

f:id:lubu:20210622093948j:image

f:id:lubu:20210622094010j:image

 スポンジは現代風のふわっふわではなく、どっしりとした食感、硬めで重い。これにさらに無糖のホイップクリーム…だと…。

 チョコは若干、ざらざらした感じ。脂肪分よりもカカオや砂糖の方を多めにしたブレンドとみた。それに、フルーティーななんらかのジャムっぽいもの。スポンジとチョコの間になんか入ってる。多分。ラズベリージャム? うーん。

 滑らかに整形されたチョコレートは、輸送用のセロハンに包まれていた。なんかチーズっぽい外見だが、どっしりとしたチョコケーキである。室温で置いておくとみるみる溶けてくる。

 確かに、小難しい政治の話をしなければならないメッテルニヒであれば、これぐらいのパンチの効いた甘味があった方が交渉ごともうまくいくかもしれない。

 それに何より、チョコと甘味がもたらすなんとも言えない幸福感…まるで魔法のようだった。

甘みが全身に染み渡る。全細胞にオーストリアのシェフが作ったデザート由来の糖分が蓄えられた感。一気に元気になる。よく、スイーツは元気の源!とかいうコピーがあるが、今初めてその感じがわかった。

f:id:lubu:20210622094307j:image

f:id:lubu:20210622094319j:image

 一夏中「何かあったらザッハトルテがある」という安心感。同居人と16等分の1を一つずつ食べて、残りは全部ラップして冷凍庫にしまった。

父と筋トレ

帰省したら父(70代後半)が相当痩せていて、というか絞れてきていて、以前はぽっこり出ていたお腹がいい感じに凹んでいた。1日2時間をトレーニングに費やしているのだという。すっかり亀仙人である。

 後学までにトレーニングメニューを聞いてみると、やはり「足腰」を中心とした、重りで負荷をかけたトレーニングで、それほどきついのはしていない由。それぐらいなら私にもできるやつ、ということで初めてみることにした。

 1日おきとかだと忘れちゃうけど、1日おきがいいらしい。

 自称「腹筋は割れている」そうなので、見習いたい。

父の日パーティー

KURAND、という「酒ガチャ」でバズった会社に、わたしは「サケスク」を頼んでいる。確か、一月3600円くらいだった。ただし届け先は父宛になっている。毎月末ごろに発送だそうだが、5月末に届いた分を両親と飲んだ。

f:id:lubu:20210620073731j:image

f:id:lubu:20210620073750j:image

陽の天、というお酒である。甘口なのだがベタベタしていなくて、スッキリした飲み心地。いいお酒は甘いとか辛いとかあまり関係ないのである。どっちにしろ美味しい。日本酒の甘いか辛いかによほどこだわる人は初めて飲んで美味しかったか、不味かった酒がどちらかだったから、どちらかに加担しているにすぎないのではないか、と密かに思っている。

おかずは母が野菜中心で作ってくれた。

f:id:lubu:20210620074124j:image
f:id:lubu:20210620074117j:image
f:id:lubu:20210620074114j:image
f:id:lubu:20210620074128j:image
f:id:lubu:20210620074131j:image
f:id:lubu:20210620074121j:image

お腹いっぱい野菜を食べた。

細い道

 昔住んでいた「団地」は似たような作りの家が200世帯ほど立ち並んだ、ニュータウン的な人口集落だった。団地というと都市部ではマンションのようにビルのイメージがある。実際、もうすこし都会にはマッチ箱が立ち並んでいるような集合住宅式の団地もあった。さまざまな土地の人に話を聞いてみると、戸建てが立ち並ぶ場合も、集合住宅のビルディングが立ち並ぶ場合も等しく「団地」と言い習わす習慣はわりとどこにもあるらしく、詰まるところ土地の値段や面積に比例して、集合住宅式か戸建て式か、に別れているだけなのだろう、と思われる。

 建て売りらしい、綺麗に整理された戸建ての家家、その200世帯の水を管理する給水等、団地の出口付近に設置されたため池、山を切り崩したためにできた、団地までの長い坂道、入り口に立つ駄菓子屋と、建て売りの家家とさして変わらぬ作りの「集会所」(図書室があり、和室があり、50人程度が入れる会議室がついていた)、その窓から見える公園などが、私の原風景である。

 どうも、三歳ぐらいの頃までは別の集合住宅式の「団地」に住んでおり、その頃の記憶もうっすらとながらある。父に肩車をしてもらうと頭スレスレまで近づいた天井や、各階に設置されたコンクリートの階段。母と一緒に出た団地の中庭にいた茶色い毛虫のこと、そこから転げ落ちて、唇の傍を切ったこと(しばらくその傷跡は残っていた)。お友達とおままごとをしたこと、美味しそうだなと思って洗濯石鹸を食べてしまったこと…

 しかし所詮三歳までの記憶だと、具体的な知識の部分は甚だ曖昧で、その団地がどこにあったのかなどは思い出せないというか、知らないのである。三歳ではそこから自ら出かけて、住所を頼りに帰ってくるということもしない。当たり前だ。子供の世界はおうちの中がほぼ全てである。その頃の私はお留守番をテーマにした絵本がとても怖く感じた。逆説的ではあるがその頃の自分にとって家が全てであるのだから、その外から覗き込んでくる他人は泥棒とか以前に、さながら宇宙の果てからこちらを見てくる、異次元の生き物に等しかった。

 ——そうした幼児期から比べると、引っ越した先では18年住んだだけあって、いまだに住所も覚えているし、別に200世帯が全てのその小さな村落のような場所が「私のすべて」ではなかった。小中学校では学区の中で一番遠いチームに属していた。毎日、徒歩か自転車で学校まで通うのである。

ホーム団地にはその性質上、車が通行できる道以外に、人が歩いて通れる程度の細道がいくつかあった。入り口と出口に車止めがついており、自転車で侵入するには多少の工夫がいった。本当は自転車も通ってはいけない道だったのだろうと思うが、子供たちはまあ当然お構いなしである。家と家の間全てについているわけではなくて、20戸ほどがまとまっている区画ごとの仕切りにあったのだと思う。大人が何の気なしに設計したその細道は、子供にとっては格好の迷宮だった。鬼ごっこをするのにもその細道を逃げるとなんだか、上級者めいたきもちになった。

 

そういう細い道は東京にもいくつもある。ビルとビルの隙間の裏路地などは、そうでなくてもいろいろなドラマを感じてしまう場所である。中野の飲み屋街や秋葉原の部品市場、新宿のしょんべん横丁の「ワクワク感」は多分にあの裏路地感、細道効果だと思っている。団地の細道なんて知らずとも、路地裏にロマンを感じる人はおおいので、人間は本能的に、細い抜け道が好きなのかもしれない。かつてネズミだった頃を思い出すのかも。

 

 最近近所にもそうした道をみつけて、密かに気に入って、機会があれば通るようにしている。飲み屋の路地裏でもなければ、ビルとビルの隙間というのでもない、どちらかと言えば私がかつて住んでいた団地の細道に似ている。車止めが付いていて、舗装されていて、道の両端に立っている建物はお互い、お尻を向けあって知らんぷりをしているような感じである。企業の裏口や、自転車置き場などがその道からだと丸見えになる。

 大きな幹線道路を通るよりも、こっちの方が閑静でもあり、というかたかだか細道一本でこんなに大通りの「気」が弱まるのかと、通るたびに驚いている。●●通り、と立派な通りの名前がついた、車もびゅんびゅん走る通りを、ちょっと曲がっただけなのに、ふと空気が変わるのだ。エアポケットみたいに。

 そうして、通るたびに私は、原風景の団地の細道を思い出す。ちょっと上級者になったみたいな気持ちで、悠々と細道を通りすぎる。別に誰とも鬼ごっこもしていないし、そこを通ることが格別の近道というわけでもないけれど。

 

 

 

アニメ:ODD TAXI(オッドタクシー)をアマゾンプライムで見ている

仕事終わりに30分だけ、という感じで。

 

少し前にTwitterでフォローしている劇作家の方が「面白い! 一気見しちゃった!」とおっしゃっていたので気になって見始めた。4月からテレビ東京で放送していた*1いるそうだ。その時巡り合っていたらまたちょっと見方が違っていたかもしれない。

 今「いつでも見られる・やめられる」という状況で毎日1話と決めて見ていると、4話:田中革命は衝撃的かつ辛かった。

 小学時代、平凡さに飽きたらない野心もまた人並みに持ち合わせていた田中は、「瞬間風速的に」流行ったレア消しゴム集めにハマる。クラスの一部の男子が見せ合って自慢しあうのだ。キン肉マン消しゴム(通称:きんけし)世代の40代50代にとってはついにやりとしてしまう話。きんけしは一つのジャンル内での争いであるが(小学生の流行の場合、わりとそうやってあえて狭めた世界で争っていくのがブームとしては定石かなと思ったが、東京周辺などの都会では私が暮らしていた愛知県とはまた事情が違うのかもしれない)、形が面白ければ海外のものでもなんでもいいらしい。

 渦中、田中少年はネットで偶然レア消しゴムを見つけてしまう。

 マニア同士の序列はいかにレアなものを持っている/知っているか、で決まるところがある。田中少年も勝ちたかった、ただその一点で、大それたことをしてしまう。

 その、幼少時の記憶が元で、平凡なゲーム会社の会社員だった田中がずるずると倫理の壁を転げ落ちていくという筋立てである。

 いろいろな要素が脳内を駆け巡った。秋葉原で無差別殺人をした男や、京都アニメーションのあの悲劇も、当然想定しての筋立てだろう。平凡な男の野心(虚栄心、とはまた違う気がする。見栄というよりもどんなにくだらなかろうが田中の求めたものは本物の栄誉だ)が生む転落。「無敵の人」。

 「無敵の人」は私たちとは違う、というのがどうも一般的な認識らしい。軽く検索して出てきたこの2019年のこの現代ビジネスオンラインの記事では、「無敵の人=異質の人」と捉えることの危険性に警鐘を鳴らしている。

gendai.ismedia.jp

「自分はなりようがない」というバリアが存在すればこその「無敵の人がやった」なのだが、田中はむしろ平凡な一般男性である。会社にも勤めている、教養もある。独身ではあるみたいだが、少なくとも「何もかも失った男」ではなかった。ゲームに10万円を息をするように課金できる男でもある。

 そういう人でも、いとも簡単に「むこうがわ」に落ちる、ということを百言を尽くすよりもまざまざとわからせてくれるストーリー。「無敵の人は異質だから、って差別すんなよ。自分とは違うとか、思うなよ」って言葉で言うよりも身にしみてわかる。「あいつはちがうから」と無差別殺人犯の所業を外側から眉をひそめて見ていた我々だって田中のように他人から見ればごく些細なきっかけで心を崩して、いとも簡単に「むこうがわ」にいくかもしれない。

 

 そんなことを考えた。

 

oddtaxi.jp

 ご興味があれば。各人の外見を動物にしているのも皮肉が効いているのだが、私としては70年代や80年代の動物擬人化作品を思い出してノスタルジーを感じる。

 きんけし的な話が盛り込まれるなど、視聴者は幅広く想定されているのでは、と思う節もある。小戸川さん柿花と同期とか言ってましたよね、確か…(41歳の設定だ)。

 小戸川さんに声を吹き込んでいるのが花江夏樹というのも面白い。抑えた演技で41歳を表現しているが、ちょっとかわいい響きもあって、そこがまた小戸川にふしぎな魅力を与えている。

 

 小戸川さん…ご無事で…。

*1:うっかりというかなんというか、4月に始まったアニメだから6月現在も放送中である。

検定勉強(著作権検定)

会社の図書室で「著作権法判例集212」という本を見つけたので、最近、会社でそれを隙間時間に読むことにしている。コロナ禍で今は試験そのものがないようなのだが、いずれ著作権検定上級を受けようと思っている。

 法律は全く馴染みがなく、せいぜいが良識的な大人であるぐらいの知識しかないことはあらかじめ断っておく。

 

今日見つけた面白い判例は、「古文単語の語呂合わせ侵害事件」。裁判まで行けば傷害や殺人でなくても「事件」というのだというところも面白い。なんでも面白い年頃である。赤ちゃんがいないいないばあで笑うのと同じようなもので、学びはじめというものはなんでも面白く感じる。

 

赤ちゃんレベルの驚きで、法律を専門とする人がみたら今更何を、となるかも知れないが、いい大人になったからこそ法律文にある種のお茶目さを感じるのは致し方ない。逆に普通文にある程度触れた人間でなければ、法律文のキュートさには気づかないのかも知れない。

 法律文は、人によって解釈がブレることを極度に恐れているようである。契約書などもそうだけど、まずいちいち用語を定義するところから始まる。

 うかつなことは言えない。「古文語呂合わせ」もうかつに「ダジャレ」などは言えないという姿勢をひしひしと感じるタイトルである。もうすでにキュンときてしまう。

 とにかく解釈に曖昧さを許さないから、主文の「被告のTODO」もばしっと命令形である。

一 被告は、原告に対し、金10万円及びこれに対する平成10年9月25日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。 

 びしっと命令形。小気味が良い。「支払うこと。」とか「支払ってください」みたいな言い方はしない。「支払え」。「お金」と言っては行けないので「金員」となっている。員をこの意味で使うのはもう法曹界しか残っていないのではないか。

本判決では「創作性」が争点となっている。被告が原告の「語呂合わせ」をぱくったか、ぱくらないか、のチェックであるから、まあそうなるのであろう。

 判決文では、延々と、被告の本と原告の本を照らし合わせて行って、「どこがぱくりか」を確認していく。その数、42件。

(十三)原告語呂合わせ13は、古語「あやし」とその現代語訳「賎しい」を一体的に連想させて、容易に記憶ができるようにする目的で、古語と発音の類似し、かつ、現代語訳と意味のつながる「アッ、椰子」という語句を選択して、これに「の実だ」、「いやシイたけだ」を続けて、短い文章にしたものである。
 右語呂合わせは、古語の発音類似語と現代語訳との単なる組み合せだけで構成されたものではなく、付加的に表現された部分があることから、原告の個性が現れたものとして、創作性が認められる。

  これは創作性が認められた部分。主文でタネは明らかなので、まあこれはいいんだけど、

(三十三)原告語呂合わせ33は、古語「うるはし」とその現代語訳「きちんとしている」を一体的に連想させて、容易に記憶ができるようにする目的で、古語と発音が類似し、かつ、現代語訳と意味のつながる「ウールは下着」という語を選択して、これに「きちんとしている」を続けて、短い文章にしたものである。右語呂合わせは、ごく平凡で、ありふれたものであり、筆者の個性を発揮した創作的表現とまではいえないから、著作物とはいえない。
 なお、右語呂合わせにおいて、「下着(したぎ)」を付加した点に若干の個性が認められたとしても、被告語呂合わせ33には、右部分は存在しないから、著作権侵害はない。

  こういうのもある。

 原告は「パクったねたの数」で勝負をかけたらしい。一方被告側は、数だけで勝負ってどうよ、解説部分はオリジナルだろ、というようなことで反論したりしている。

 ニュースなどで伝えられる場合はせいぜい「どっちが勝った」ぐらいしかわからないが、原告が請求した慰謝料と、判決によって命じられた慰謝料の多寡などでも、いい感じに落とし込んでいることも、わかる。

 語呂合わせ部分で重なっているところの摘出はさすがに原告が作ったのだろうが、これをいちいち照らし合わせて侵害があるかどうかチェックしている。それを読んでいるだけでも楽しい。大真面目に「ダジャレか、ダジャレじゃないか」を検討している裁判官等の顔を思い浮かべるだけでにこにこしてしまう。当事者には大問題なのだろうけど…。

 ウールは下着 じゃないよ。

 

 殺人事件までとはいかないまでも、こうした民事裁判も、それなりにドラマがあり、のっぴきならない理由があり、怒りがある。判決が出たからといってなかなおりできるものでもないだろうし、そこには人間同士の決定的な決裂があるはずである。それでもつい、面白がってしまうのは無知ゆえの残酷なのかもしれない。

 

最後に判例全文のURLを。

www.translan.com

 …著作の方は解説も味わい深くて、もう少しコンパクトになっている。