読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日月星辰ブログ

Vive hodie.

「荒木飛呂彦の漫画術」レビュー

 

目次

はじめに

 なぜこの本を書くのか

 

第一章 導入の描き方

第二章 押さえておきたい漫画の「基本四大構造」

第三章 キャラクターの作り方

第四章 ストーリーの作り方

第五章 絵がすべてを表現する

第六章 漫画の「世界観」とは何か

第七章 すべての要素は「テーマ」につながる

実践編その1 漫画ができるまで――アイディア、ネーム、コマ割りの方法

実践編その2 短編の描き方――「富豪村」(『岸辺露伴は動かない』)を例に

おわりに

 

 

 

 

 目次を見てもお分かりのとおり、荒木飛呂彦という漫画家は努力の人であり、作戦の人であり、論理の人であるなあと思う。

 彼の生み出したキャラクター「岸辺露伴」のイメージが強烈なので、なんとなく、作者もあんな感じの超天才肌なのかな、と思ってしまうのだけれども、一六歳の頃、「同い年のゆでたまご先生が『キン肉マン』でデビューし」て強い衝撃を受け、漫画を投稿するようになるものの、はじめのうちはぼつ続きだったそうです。

 

「絵柄は、大好きだった横山光輝先生の『バビル2世』の真似みたいでしたし、そもそも絵自体が下手でした」

 (第1章 導入の描き方 原稿を見もせず袋に戻す編集者)

 

と、ご自身でもおっしゃっている。今でこそ、異色の漫画家、天才肌、波紋使ってるんじゃないか、スタンドがいるに違いない――などと主にネット上などで鬼才扱いを恣にされていますが、決してそうではなかった。

 

 

 確かに連載デビュー作の「魔少年ビーティー」にはこのころの面影が少し慮れる。横山光輝テイストから抜けきれてない。それでもどこかに『ジョジョの奇妙な冒険』の面影はある。後に大成する幼児の、つるんとしながらどこか引っかかる面影のように、それはふとした表情とか、目つきとかに漂っている。

 おそらく数多の「読まれずに袋にしまわれた」兄原稿たちの屍を超え、『武装ポーカー』で手塚治虫賞を獲得したのは二十歳のころだったそうです。この作品はあの嫉妬深い手塚治虫に「これはすごく面白かった。近来にない。僕は大好き。東京へ是非来て下さい。あんまり東北から出る人って少ないんですよね」と言わしめたといいますが、デビュー後も荒木は「編集部に作品を持っていったとき、受け取った編集者が(中略)また袋に戻してしまう」ことを恐れ、最初の1ページをいかに描くかに苦心惨憺している。「どんなものが魅力的か、分析」する。

 

荒木飛呂彦 : 手塚治虫が褒めたことがある漫画家一覧 - NAVER まとめ

 

 本の中でも「最初の1ページをどう描くか」だけで6項もたてて言葉を尽くしている。

 思えば岸辺露伴も、天才でありながら相当な努力の人でもある。露伴は確かに荒木の分身であり、おそらく理想なんだろうなと思う。ヒロイズムについては第三章にも言及があり、荒木はそれは「孤独」だ、と書いています。己で考え、己で力を尽くす。人に頼らず、才に奢らず。うーん、かっこいい。

 

 そう。今や「鬼才」となった荒木飛呂彦もまた、デビュー後しばらくは編集者にズケズケと意見を言われていたみたいです。さなざまな局面で、厳しく指摘をされ続けても荒木が心を折らなかったのは、「明確な目標」という根幹がしっかりしていたから。それを形作ったのがアルフレッド・ヒチコックの『映画術』だというから感慨深い。ヒチコックを常に心のどこかに寄り添わせ、ヒチコックに支えられながら知恵を絞り、努力を惜しまずに頭角を表していった。

 彼の描く「スタンド」のように。 

 

 『ジョジョ』といえば数々の名言に彩られた作品ですが、荒木飛呂彦自身が名言の宝庫でもある。

 これも単に素敵な名言だけでもかなり満載の本なので、ほんとに読むといいと思います。ああ、いろいろ抜き出したい。けど…、やめとく! あとは、君が自分で読むと良い。