読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日月星辰ブログ

Vive hodie.

曇り空の下のお花見も。

この日は寒くて、春用のコートだとぶるぶる震えてなくちゃいけない。

父母と三人連れだったこともあり、早々の退散となりました。

毎年訪れる福岡堰の桜並木は、川沿いの老木と、真ん中の中ぐらいの樹齢のもの、一番陸側にもう一列、比較的若い木が植わっている。一番外側の老木が駄目になっても、あとの世代のが控えてるというわけだ。

f:id:lubu:20150404100205j:plain

中目黒の川沿いの桜はもうあと数年もすると、一斉に咲かなくなる、という噂だけれど、本当かしら。あの繁栄を一度見てしまうと、にわかには信じがたい。隆盛を極めているものが滅びるさまを想像するのは、難しい。

永遠につづくわけない、ってわかってても、難しいものだ。